A.T.M. - あそぶ、つくる、みる。

あそぶ、つくる、みる。

「ときめきアイドル」プレイレビュー

calendar

reload

なんか色々なところから美味しいところを持ってきて、属性を盛りに盛った感がありますが、コナミのスマホ用音ゲーということでプレイしてみました。

まずはざっくりと感想から。デレステPなのでどうしても比較になってしまう点はご了承を。
音ゲーとしてはとてもいい感じ。デレステよりもスクフェスに近いかな?
判定もゆるくてちょうどいい。
UIもいいですね、使いやすい。システムも比較的わかりやすくて良いんじゃないでしょうか。
ミリシタやバンドリはUIとシステムで挫折したタイプなので、入り口が単純な方がとっつきやすくて良いです。

見た目に関しては好みがあるので、最終的には自分で見て判断して!となっちゃうんですが、色々と思うところはあります。
まず、リズムアイコン。
その名の通り、ときめくアイドルゲームなのに、何であんなにメカメカしいデザインのリズムアイコンにしちゃったんですかね…
もう少し可愛らしくても良いし、デザインが選べればなーと思います。

次に3Dモデル。
デレステ比で全体的にだいぶ細くて高い。全員がきらりみたい。
見慣れてくるとそうでもないんですが、最初は縦横比がおかしくなったんかと。
ライブの3Dに関しては演出や振り付けなんかも含めて、今のところデレステのほうが良いです。ミリシタのライブも良いですよね。

ライブと言えばおまかせライブ機能があるんですが、微妙な気持ちになりそうな機能に見えます。
音ゲーとして見るとなんじゃそれ?意味あんの?となるわけですが、育成ゲームとして捉えればキャラクターを育成してライブに挑むという楽しみ方もできます。
これはこれでアリですよね。面白い機能だと思います。
MVとしてただ眺めるのではなく、音ゲー部分をライブで応援するのはまた違った感覚があります。
この機能があれば育成ゲームとしての楽しみ方もできるし、忙しいときは放置プレイもできると考えるとステキな機能。

さてさて、続いては楽曲です。
個人的にこの手のゲームではデレステの曲が良すぎると思っているので、どうしてもイマイチに感じてしまいます。ただ、もっと多くの楽曲をプレイしてみないとわからない部分でもありますね。
実際、デレステの程よくふざけた感じって他ではあまりないんですよね。ふざけてるのにキャラと楽曲の位置付けがとてもよく考えられていて、納得感があるというか、相乗効果があるというか…とにかく楽しい。

ストーリーについては序盤だからかもしれませんが、比較的あっさり目でテンポが良く、苦になりません。
自分の場合、デレステだとストーリーがこんもり残ってることが結構あるのでこれくらいがちょうど良いです。
スクフェスでもストーリーは石のために消化するオマケくらいに考えていたので…

面白い部分が結構あるので、何かきっかけがあればハマりそうな雰囲気はあります。
当面、どれくらい続けるかわかりませんがしばらくプレイしてみたいと思います!
現状はまだ1カテゴリ作るほどではないですね…

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

おもに みみみ

ゲームしたり、プラモ作ったり、アニメ見たりする二人の子を持つ父。

諸般の事情でコンシューマーゲームとプラモは週末にまとめてやるスタイル。
スマホゲームとアニメなど見たりは随時。
おかげでプラモは積み上がる一方の模様。 [詳細]