A.T.M. - あそぶ、つくる、みる。

あそぶ、つくる、みる。

「マリオオデッセイ」と「ゼルダBoW」がVR Kitに対応!…でも、嫌な予感しかしない

calendar

何でこうなっちゃったんでしょうか。
正直言って、嫌な予感しかしません。
Toy-Con™であそべる| Nintendo Labo | 任天堂

公式サイトのマリオのイラスト。

えっ…ちょっとまって、この格好で遊ぶの?BoWを?まじで?
これならVR Kitのゴーグルじゃなくてよくない?
ときドルのVRを試したくて買った100均のVRゴーグルで良いんじゃないかという予感。

動画も見てみますかー

以下動画の気になるところをピックアップ。
これ完全にときドルと同じやつだ…
左下にちっさく注意書きがありますねぇ。「3D立体視」
完全にときd(ry

無料アップデートだそうです。勝手にアップデートされるのかなー?
ちっさく「VR Kit付属のVRゴーグルが必要です」って書いてあるけど、多分必要じゃないと思われます。ただのダンボールとレンズだし、デバイスの認証とかそんな仕組みないでしょう。

現時点での情報を見る限りではスマホVR以下の最低なプレイ体験しか想像できません
おそらくジャイロで視点変更もできないでしょう。
BoWは弓のターゲッティングや祠でジャイロ使いますからね…ジャイロで視点動いちゃうと混乱するだけでしょう。それでもジャイロで視点移動できるなら最低ですけど。
そもそも、こんな体勢でゲームをプレイしたくないし、このデバイスでプレイする必要も意味も魅力もまったく感じません。
せめて頭に固定できればね…重量的に無理だろうけど。

既存コンテンツを生かして、VRでしか体験できないコンテンツを追加するならともかく、既存のBoWと同じ内容の低解像度で立体っぽく見えるだけの劣化コンテンツならいりません。
配信されれば詳細がわかってくると思いますが、私の予感がハズレることを願うばかりです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

おもに みみみ

ゲームしたり、プラモ作ったり、アニメ見たりする二人の子を持つ父。

諸般の事情でコンシューマーゲームとプラモは週末にまとめてやるスタイル。
スマホゲームとアニメなど見たりは随時。
おかげでプラモは積み上がる一方の模様。 [詳細]