A.T.M. - あそぶ、つくる、みる。

あそぶ、つくる、みる。

[ときドル]イベント「アイドル対抗フェス」開始

calendar

新イベント「アイドル対抗フェス」(β)が開始されました。
事前のお知らせではおまかせライブ機能を使った対戦型のイベントっぽい内容となる雰囲気でしたが、実際はどんなイベントなのか見ていきましょう!

イベントの基本情報を軽くまとめると…
開催期間:8/23~8/29 23:59
報酬受取期間:~9/6 13:59
期間中の追加ログインボーナス:いぬのグローブ
対抗フェスはライブEではなく、対戦Eを消費して対戦を行います。
対戦Eは時間経過のほか、対戦ポーションで回復することもできます。(LvUPでも回復します、たぶん)

では、続いて導入のショートストーリー。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」 理事長からの手紙

知っているね。と言われましても…という感じですが、まぁ知ってるといえば知ってますケドー

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」 やってきました対抗フェス

知っている体でどんどん話は進み…

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」開始

内容はだいぶ端折りましたので実際に見てもらうとして、始まりました「アイドル対抗フェス」
フェスと言えばその昔「協力フェス」というのがありましてですね…私の中ではかなり黒歴史のイメージしかないわけですが、今回は協力ではなく対抗という形でフェスイベントが開催されるんですね。

さて、アイドル対抗フェスの内容も確認してみましょう。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」 その1

今回のイベントはアイドル力とテクニックリザルトが鍵となるようです。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その2

なるほど、おまかせライブの機能を使って他のプレイヤーと対戦すると。
これなら非同期で対戦できるし、実力も反映されます。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その3

強い相手と対戦するほど報酬も上がるので、アイドルを鍛えるだけではなく音ゲーの腕を上げてより高いテクニックリザルトを取る必要があるようです。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その4

対戦はオートでプレイヤーは見ているだけしかできないようです。
曲の振り付けは同じなので対戦者のダンスを見ても…という気はしますがこだわりの編成や衣装がある場合は相手に見てもらえる、かも?

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その5

勝利でptを獲得と書いてありますが、負けてもptはもらえるようなので安心です。
もちろん勝ったほうがより多くptを獲得できるので、勝てる相手を見極めるのも大切な要素になります。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その6

そして相変わらず唐突ないぬみみ&しっぽの報酬。
フェスとの関連性は謎ですが、1,200ptごとにショートストーリーが挟まり、もらえるんですね。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その7

対抗フェスの名のとおり、ランキングによって貰える報酬が変わってきます。
スターの証はあまり配布がないのでこの機会にできるだけ多く獲得したいところです。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その8

私もひとつだけゴーアヘッド持ってますが、こんなスキルが付いていたんですね…全然知りませんでした。後で確認してみよう。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その9

今回の有利属性はVoltage。
Voltageの高いデッキを組んで、スキルもそれに合わせたほうがより多くのptを取得できます。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」その10

そして最後にブーストタイム。
毎日この時間帯だけpt増量になるので、できるだけこの時間帯に集中的にプレイしたいですね。
夜の時間帯だけ21:00~23:59と長いのはありがたいのですが、これだと普通の人が活動している時間のほとんどが10%UPになるのであまり意味がないような気がしないでもありません。ゲームは夜0時までだぞ、それ以降は寝とけよという配慮ありがたいです。
逆に深夜3時に30%UPとかやられても困りますけども!

説明がだいぶ長くなりましたが実際に軽くプレイしてみた感じは、協力フェスとは全く異なる新しいイベントです。
対戦フェスのプレイ画面を見ながら感想&補足をしていきたいと思います。
フェスでの対戦曲は自由に選べるわけではなく課題曲が決まっています。
課題曲は以下の楽曲です。
・DREAMING-ING
・トキメキ☆ミライ
・恋時雨
・二人の時 Side SR
・カン違いSummer Days(月島美奈都Ver.)
・ray after rain
・Love Letter
・Strawbery Chu♡Chu♡

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」楽曲/難易度選択

NORMAL/HARD/EXTREMEのそれぞれの難易度で課題曲が提示されるので、3つの中から難易度/楽曲を選んでおまかせライブで対戦する、という形です。提示される楽曲はランダムのようなので、1曲だけで一点突破するということはできません。
なお、あらかじめ自分のライブの実力に合わせた難易度の課題曲をクリアしておかないと残念な結果になります。
クリアしていなくてテクニックリザルトがない楽曲は見ての通りテクニックリザルトが50/40/30でのおまかせライブとなります。どんな結果になるかは怖くて試していませんが。

また、この画面で楽曲/難易度を選んで、左下の「通常ライブでテクニックリザルトを磨く」を押すと通常ライブの画面の該当楽曲/難易度に移動します。ただしテクニックリザルトを磨けるとは限らない。
うん、このUIはとても良いですね、ありがたい。

そしてライブが始まるとこんな画面になります。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」ライブ

自分と対戦相手のノーツが表示されます。左右で同じノーツが流れるだけですが、コンボやmissも表示されるので対戦している感はあります。
このライブへの介入はできず、オートで楽曲が終わるまで眺めるだけとなります。もちろん眺めてなくても問題ありませんが。
スコアは表示されず、上にあるバーで優劣が表示されます。
最初のうちは目新しいし、過程も気になるのでどうなるか見守ってしまいますが、数をこなしていくと放置になりそう。
画面の下中央にある「映像切替」ボタンを押すとライブ画面が相手のデッキと自分のデッキで切り替わります。衣装とキャラが変わるだけですが、各プレイヤーが個性やこだわりを出せる部分があるのは良いですね。

そしてライブが終わると結果が表示されます。

ときめきアイドル イベント「アイドル対抗フェス」大勝利

じゃーん、大・勝・利☆
他にも勝利、惜敗…だったかな?とかいくつかパターンがありました。
単なる勝敗だけじゃない細かな表示は良いですね。もうちょっとで勝てたのに!感を演出するのはやる気につながります。

終わってみたら全く別の感想になっているかも知れませんが、さわりだけプレイしてみた感触では非常に良いイベントだと思います。
ときドルの特徴でもあるおまかせライブを軸にして、音ゲーの実力、デッキの構成もきちんと評価される仕組みです。
楽曲、難易度、対戦相手を選択できるので、若干ですが駆け引き要素もあります。
また、衣装で対戦プレイヤーに対してこだわりや個性を見せることもがきるところもポイントです。カードは能力の高いSSRを使って衣装はSRやRで5人揃えたり、アクセサリーにこだわることもできます。
対戦ライブはスキップできず、相手のデッキ構成&衣装を見るくらいしかやることがないのもポイントで、衣装を自由に変えられる機能の良いところをさり気なく、うまくイベントに組み込んでいるのも素晴らしいです。マーヴェラスです。
ガチャがあってフレンド登録があればソシャゲでしょ?スマホゲーってそんなもんでしょ?っていう雑な感じがなくなり、今までほとんどなかった他のプレイヤーとの交流の部分も(かなり薄いですが)あり、このイベントではコンシューマーゲームっぽさが少し抜けた感があります。
どうしても冗長になってしまう部分があるのは仕方がないとしても、1週間弱のイベントであれば全然イケてると思います。
ときドルの持っているポテンシャルが存分に活かされていて、率直に良いイベントと言えます。

…コレ、ちょっと褒めすぎですかね?

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

おもに みみみ

ゲームしたり、プラモ作ったり、アニメ見たりする二人の子を持つ父。

諸般の事情でコンシューマーゲームとプラモは週末にまとめてやるスタイル。
スマホゲームとアニメなど見たりは随時。
おかげでプラモは積み上がる一方の模様。 [詳細]