Mi Band4を買いました!

Mi Band4を買いました!

国内ではあまり耳にしない中国のXiaomiのスマートバンド?アクティビティトラッカー?です。ちょっとどういう商品カテゴリなのかあいまい。
スマートウォッチほど多機能ではないのですが、ほとんどの人の必要な機能を満たすと思われるコスパの良いアイテムです。
私はMi Band2、3と使ってきて4に乗り換えです。
海外通販で購入したので、オーダーしてから2週間ほどかかって手元に届きました。

箱がチープに

2と3の箱を処分してしまったので比較できないのですが、正方形で結構しっかりしたビミョーに高級感のある箱でした。
4の箱はシンプルで家電量販店で売ってるイヤホンみたいな箱に入っていました。

箱が若干へこんでいるのは海外通販あるあるですね…
私は気にしないのですが、几帳面な人は気になるかもしれません。

いきなり箱のことを書いてしまいましたが、問題は中身なので、中身に行ってみましょう。

最大の違いは液晶

3まではモノクロだったのですが、4は AMOLED採用のカラー液晶。
3から乗り換えたのですが、画面を見てまず思ったのは単純にキレイだなーという感想でした。
高精細な カラー液晶を生かして、盤面のスキンを変えられるようですが私はまだ試していません。

カラーである意味もあまり感じませんが、より直感的に情報を把握できるようになるのでメリットしかないでしょう。
この製品は スマートウォッチではないので、大量の情報をバンドで見たり、複雑な操作をしたりすることはないので、このサイズ、この表示領域で充分です。

液晶が変わって晴天下での見にくさも改善はされています。
液晶を明るめの設定にしておけば問題ないレベルです。

その他の違い

液晶以外にも機能が追加されたものがあります。

音楽コントロール

4では音楽のコントロールができるようになりました。画面が小さいのでコントロールできないことはないけど…という感じです。
再生/一時停止くらいの操作は問題ありません。
私はBluetoothのイヤホンを使っているので、イヤホンから操作しちゃいますが…
正直、この機能は使用シーンが思いつきません。
私にとっては、こんなこともできるんだぜ!的な機能です。

充電器

相変わらず専用の充電器なのですが、上からパチっとはめるタイプになりました。

3はU型のコネクタに横からスライドさせてはめ込むタイプで、うまく充電できないことが結構ありました。
まだ数回しか試していませんが、この形状のほうが充電できないトラブルは少なそうです。

センサー強化

センサー類も強化されているようで、6軸センサーがついたようです。
わかりやすい違いではないので直接恩恵を受けている感はありませんが、アクティビティトラッキングでより正確に判定できるようになります。

私は運動をほとんどしないので、意味がないんですけどね!
水泳のトラッキングは効果てきめんらしいです。

Bluetooth5.0

これも直接恩恵がある機能ではありませんが、4.2から5.0に変わりました。
届く電波の範囲が広くなって、データの転送速度が早くなったるわけですが、実際に違いを実感できることはほぼないでしょう。
バンドのアップデートが早くなるくらい?

変わってないところ

基本機能はほとんど同じです。

  • 着信通知
  • メッセージ/アプリ通知
  • アラーム
  • 歩数計
  • 心拍計
  • 座りすぎ防止通知
  • スリープトラッキング
  • 5気圧防水

こんなところでしょうか。

アプリもMiFitを継続して使えます。

おすすめポイント

Mi Bandのおすすめポイントを簡単にまとめてみます。

20日稼働

20時間じゃなくて20日間ですよ?
フル充電で20日間稼働という驚異の持ちの良さ。
実際は使用状況によりますが、私の場合で2週間は持ちます。
充電時間も数%の状態から1~2時間でフル充電されますし、シャワーや風呂の間にちょこちょこ充電すればまずバッテリー切れはないでしょう。
私は週に1回しか充電しませんが、余裕です。

コスパが良い

見た目や機能にAppleWatchのようなゴージャスさはありませんが、通知やアラーム、アクティビティトラッキングと欲しい機能はついています。
それでいて4,000~5,000円程度の価格。
AppleWatchが欲しい!というのであれば選択肢はありませんが、AppleWatchみたいな機能が欲しい!というのならばアリです。

バンドを簡単に変えられる

本体部分の色は変えられませんが、バンドは自由変えることができます。
付属のバンドはシリコン製ですが、カラバリはもちろんのこと、柄物、金属製のものもあります。
しかもわりと安い。
バンドは3も4も共通のようです。

おすすめポイントを挙げてみましたが、びっくりするくらい地味ですね…

注意点

日本語マニュアルはありません

アプリをインストールして、ペアリングすればアプリ側から設定できるのでほとんど必要ないとは思いますが、日本語で書かれたマニュアルはありません。
ちなみにスマホアプリのMiFitは日本語で表示されるので問題はないかと。

結構ぶ厚くてボリュームがあるんですが、海外通販で買うと日本語での記載はありません。
国内正規代理店のものだとあるのかも?

国際版を買いましょう

NFCのついた中国版と、国際版の2種類がありますが、国際版を買いましょう。
私が購入したのも国際版です。
中国版だと本体のメニューが中国語表示になるようです。(未確認)
じゃあ国際版は日本語なのかと言うと…英語です。
通知などの表示はどちらも日本語で表示されるので問題ありませんが、私は国際版をおすすめします。

購入先は?

私が今回使ったのはBanggood。
サイトを日本語表示にすると怪しい日本語になるので、英語のままのほうが読みやすいかも…
何度か利用していますが、PayPal決済も使えるので安心です。

Online Shopping for Cool Gadgets, RC Quadcopter, 3D Printer at Banggood

よくクーポンを配布していたり、割引販売しているので、慌てて購入しないで確認してから購入しましょう。

Amazonでも販売しているので、すぐに欲しい、安心して購入したいというのであればAmazonをおすすめします。
少し割高なのが難点。

液晶がカラーじゃなくても良いのであれば、Mi Band3でもほとんど機能に変わりなく、さらに安いのでこちらもオススメです。

あそんだ、つくった、みた以外カテゴリの最新記事