[レビュー]HUAWEI MateView GT 34-inch Standard Edition

オーダーしてからなんの連絡もなく、HUAWEI公式サイトで注文してから届くまでに約1ヶ月ほどかかりましたが無事に届いたのでレビューします。
製品自体は申し分ありません。

大きいことは良いことだ

まず、デカイ。
箱もデカイ。本体もデカイ。


さすが34インチワイドの入っている箱という感じの存在感。
34インチってインチ数だけだと下手な安いテレビより大きいですからね。
さらに湾曲率も高いのでモニター単体でも立ちます。(下側にはジョイスティックが付いているので、試しに置くのはちょっと危険なので真似しないほうが良いかも)
例によって開封については省略。

発色もよく、きれい

コントラストがはっきりしているので、文字も読みやすいし申し分ないです。
直前に使っていたHPの27インチ4kモニタもきれいでしたが、更にきれい。
人によって感じ方は違うのであくまで私の主観になりますが、かなりきれいです。
細かなことを検証したり比較できるような環境は持っていないので、その辺はYouTubeででも検索してもらうと良いと思います。
住めば都で私はあんまり違いを気にしないタイプなので。

正直、この値段でこのサイズ、そしてこのきれいさなら文句のつけようもないです。
少なくとも私の手元に来たものについてはドット抜けもなく、品質にも問題なさそうです。

フチはしっかりあるので注意

フチは割としっかりあります。私は全く気になりませんが。

上と左右のフチは大きいと言えば大きいかも。だいたい7mmくらいです。
単体で使う分には問題ありませんが、2画面、3画面並べて使うという用途には向きませんね。
このモニタを並べて使う用途が一般的とは言えないかもしれませんが一応。

サウンドバーは繋げられない

このモデルにはスタンド部分がサウンドバーになっているモデル(Sound Edition)もあるのですが、私が買ったのはサウンドバーなしのStandard Editionです。
そうなるとスタンドだけ買えばサウンドバー使えるんじゃね?と気になるところですが、それはできません。(多分)

サウンドバーのコネクタ部分が塞がれています。
外れるんじゃね?とも思ったんですが、簡単に外せそうにはない構造になっていたので諦めました。ガワをバラせば外せると思いますが、そこまでする理由はないのでやめときました。

USB-Cは使えず、接続はHDMIとDPのみ

接続はHDMIかDPの2ポートしかありません。
Sound EditionはUSB-Cが使えますが、このStandard Editionは使えません。
USB-Cポートはありますが電源用なのでディスプレイの接続には使えません。
Sound Editionと差別化するためなのか、技術的な理由があるのかはわかりませんが、これはあったほうが良いかなー
ノートPCだとDPのついていないものも多いし、HDMIでは4k出力はできても165Hzにはできません。(このモニタはHDMI2.0までしか対応していない)
フルスペックで使いたいならDP一択というのも少々残念な気がします。

スタンドがいまいち

付属しているスタンドがかゆいところにギリギリ手が届かない感じ。
高さ調整はもう少し低いところまで持っていけると良いのですが、一番下まで下げても7.5cmほど。見下ろす形で使いたい場合は思ったより高い位置に感じるかもしれません。もっとギリギリまで下げられればいいのに。
私はこれじゃダメだと思ってモニターアームにしちゃいました。(それでも5cmくらいの高さなのであまり変わらないかも…)

写真の通りのスタンドなので、左右の首振りはできません。
モノがモノなので、ピボットはいらないですが欲を言えば左右の首振りは欲しかったかなぁ。
ワイドで重量があるので、下手に動かせないほうが良いのかもしれませんけど。

ピッチについては可動範囲が広いので、このスタンドでも充分ですね。

残念なのはモノじゃなくネット通販のシステム

冒頭でも書きましたが手元に届くまでかなり時間がかかりました。
割引率の高いタイミングでオーダーを入れたからというのもあると思いますが、注文受付&決済後から全く音沙汰なく、20日以上過ぎてからいきなり発送しましたという連絡が入るのはどうなんでしょうか。
今どきこんなネット通販ないと思います。同じ中国でもAliExpressはもっときちんとしたシステムなのに、もう少しどうにかならないのかなと思います。(AliExpressはネット通販メインなので比べるのは少し酷かもしれませんが)
正直、注文してからあまりにも反応がなさすぎてキャンセルすることも考えましたが、かなり安かったので本当に届くかドキドキしながらグッとこらえて我慢しました。
せめて途中でいつごろ発送予定ですくらいの連絡が一度や二度入っても良さそうな気がします。
あと、誤字脱字や変な表現も気になります。
領収書の[ Discount ]が[ Disount ]になってたりするのはダメでしょ。
これ、経費で落とそうと思ってるから会社に領収書提出するんだけど…

まとめ

大画面、高リフレッシュレート、発色も良い、さらにコスパも良い。
ほとんどの人が満足できる良い製品だと思います。
モニタに対して超細かいこだわりのある人やデザイン系のお仕事の人なんかを除けば、なんにでも使えるし、何よりデカイのは良いです。
Windowsの表示スケールが100%のままでも充分使える。老眼にもやさしい。
リフレッシュレートも高く、ゲーミング用途でも使える。(PCのスペックもそれなりに必要ですが)

私は仕事でも使うので、湾曲しているモニターは使いにくいかもと思っていましたが、いざ使ってみると視線の移動が少なくなるので快適です。
デザイン系の仕事で使うには湾曲していないほうが良さそうですが、コードやドキュメント書いたりする分には関係ないですからね。
余談ですが、個人所有のデスクトップPCなら至って快適なのですが、会社支給のノートPCだと3840×1440だと40Hzまで落とさないと出力できません。スクロールさせたりする場面で低リフレッシュレートだと少し気になるかな…

番外:ケーブルに注意!

実は、届いてからレビュー書くまで時間がかかった原因はケーブルにありました。
もともと使っていたDPケーブルだとWUQHD@165Hzで出力するとノイズが入ったりひどいときは画面が点滅を繰り返す状態でした。
付属のケーブルだとそんなことは全くありません。
データ転送が間に合ってないのは明らかだったので付属ケーブルを使っていたんですが、これが私の環境で使うにはちょっと短い。モニターアームを使うには絶望的な短さ。

そこでAmazonでDP1.4のケーブルを買ったんですが、何も考えずに買ったためダメなケーブルが届くという悲劇。(多分DP1.2ケーブルをDP1.4と表記して売ってると思われる)
ちなみに使い物にならなかったケーブルはこちら。全く使えないわけではないがオススメしない。買うなとは言わないが買わないほうが良い。

そこでCable Mattersのケーブルを改めて購入。


はい、全く問題なし。
こちらのケーブルはオススメ。どうせ買うならこっちを買いましょう。
私が買ったケーブルはこちらの3m。

値段もほとんど変わらないので、どうせ買うならCable Mattersのケーブルを買いましょう。
made in Chinaは否定しませんが、少なくとも謎の中華メーカーのケーブルは買ったらダメ!絶対!

ちなみにダメケーブルの方はAmazonのVINEメンバーのレビューがたくさんついていますが、このレビューって当てにならないものも多いので鵜呑みにしてはダメです。FHDで問題なく表示されるのはDP1.2でも当たり前のことですからね。(自戒を込めて)

高解像度、高リフレッシュレートになるとケーブルにも気を使う必要があります。せっかくのスペックもそれを活かせなければ意味がありません。
不安な場合は割高にはなりますが、家電量販店で店員さんに確認して購入するほうが手堅いかもしれません。(少なくとも人のせいにできるし…)
そもそもHDMIもDPもVer.が異なっているのに見た目が全く同じなのはどうかと思うのですが、下位互換を考慮すると仕方ないのかな。

おもに みみみ

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする